コメント投稿

投稿する

みんなの投稿をCheck!

水滸伝について語ろう!(41)

4:名無し: 2014-05-07 23:43:13

子供の頃から、この話が好きでたまりませんでした。
特に、今はまっているのが、北方謙三の水滸伝三部作です。
前に、光栄から出た新・水滸伝が悲しい結末だったので、北方水滸伝には期待しています。
同じ意見の方とお話がしたいです。

4:名無し: 2013-07-30 03:33:08

小学生のころ、『西遊記』で中国文学にはまり、続いて読んだのが『水滸伝』。好きすぎていてもたってもいられません。特に呉用さんが大好き。
前の方のコメントにもありましたが、それぞれの人生がドラマチックで、個性の強い好漢達が、次第に集まって一つになっていくプロセスがワクワクします。
よく読まれている北方水滸伝。すごく面白かったのですが、私は『水滸伝』としては受け入れられませんでした。日本の歴史小説を読んでるような印象でした。

4:名無し: 2013-06-17 11:52:43

自幼曾攻經史,長成亦有權謀。恰如猛虎臥荒丘,

潛伏爪牙忍受。不幸刺文雙頰,那堪配在江州!

他年若得報冤讎,血染潯陽江口!

心在山東身在吳,飄蓬江海漫嗟吁。

他時若遂淩雲志,敢笑黃巢不丈夫!

4:名無し: 2013-06-12 23:33:02

私は北方水滸伝より読み始めましたが、いまでは夢中になり現在も継続中の水滸後伝も楽しみに読んでいます。
なかなかオリジナルに触れる機会がなかったので全国の映画館でも放映してくれればな、と思います。

4:名無し: 2013-06-07 10:13:30

曾家5兄弟と祝家3兄弟は倒すのが惜しいと思いました。
あとなんで108星なのって人とか、逆に108星に入ってないのって人が結構居る。

4:名無し: 2013-05-06 23:08:28

動画投稿サイトで、断片的に見ていましたが。映像が素晴らしい。ついに日本に来るとは本当に楽しみ。

潘金蓮の美しさも注目です。

北方さんのを水滸伝と勘違いされる方は多いようですが。あれはあれで独自の世界なのですが、本物の水滸伝はまた別です。

4:名無し: 2013-04-30 00:10:12

悪い悪人共をバッサリと退治してくれるのは痛感なのですが、牢屋に入って、賄賂を使いのほほんとしてるのは解せない。

4:名無し: 2013-04-29 23:46:15

水滸伝のファミコンはコーエーから発売されました。

4:名無し: 2013-04-29 23:42:23

全体を再構成し、独自の解釈と創作を加えてあるため、原典とはほぼ別物と見て過言ではない。しかし、これはこれで面白い。

4:名無し: 2013-04-29 23:38:31

108人の好漢が梁山泊に集結した数年後から第二部が始まる絵巻水滸伝と言うものがあり、それがこれ。

4:名無し: 2013-04-29 23:31:25

やはり、フィクションなので個性あふれる豪傑たちが本当に魅力的なんですよ。
三国志も春秋戦国も好きなんですけどね、この水滸伝だけは特別です。
当時流行った感性みたいなものが詰まっていると思うのです

4:名無し: 2013-04-29 19:04:08

最初は少人数だったメンバーが徐々に増えていって、大きな勢力になるプロセスが面白いです。

4:名無し: 2013-04-29 19:03:17

水滸伝はノンフィクションと思っている人がいますが、12世紀の中国をモデルにしたフィクションです。

4:名無し: 2013-04-29 18:59:10

やはり水滸伝は北方謙三版が一番だと思います。文章も読みやすいし、登場人物もとても魅力的にかかれていると思います。

4:名無し: 2013-04-28 00:35:45

古来中国の情景などがリアルに表現されていてとても良い。けど少し難しい表現もある。

4:名無し: 2013-04-28 00:33:42

美人で強いコサンジョウは、水滸伝の後日談である楊令伝にも登場します。

4:名無し: 2013-04-28 00:19:54

李逵が三国志の張飛みたいで、小説を読んでいても微笑ましいです。強くても抜けているキャラは憎めないですね

4:名無し: 2013-04-28 00:16:48

水滸伝の作者は、施耐庵といわれていますが、実は作者は不明であり、いまだはっきりとした作者は分かっていません。

4:名無し: 2013-04-27 13:27:01

私には中学一年生のおとうとがいるのですが、昔から歴史が好きで、三国志などをよく読んでいました。
一年くらい前から水滸伝を読んでる姿をよく見るようになりました。面白くて今では愛読書らしいです。

4:名無し: 2013-04-27 13:20:26

陸謙の陰謀は面白かったのですが最後のほうは少し詰めが甘いんじゃないかと思いました。

    1
  1. 2
  2. 3