ニュース

一覧ページに戻る

2013年6月26日

【連載コラム】「禁軍」(1) ―北宋の正規軍―

『水滸伝』の劇中では梁山泊軍が奸臣・高俅から梁山泊討伐の命を受けた官軍=禁軍と幾度も干戈を交える。禁軍は皇帝直属の北宋の正規軍であるが、実は梁山泊の好漢たちのなかにも禁軍の出身者が数多く存在する。林冲は禁軍の槍術教頭(今でいう戦技教官)だったし、「青面獣」楊志は代々軍人の家系で武挙(科挙の武官登用試験で実技のほか学科試験もある)に合格したエリート武官である。また連環馬を率いる呼延灼、砲の専門家・凌振も禁軍の梁山泊討伐部隊から梁山泊軍に鞍替えしたものである。今回は史実における禁軍の組織編制を見てみよう。

北宋では五代十国(907~ 960)までの軍人政治の傾向を一掃すべく、科挙制度を整備して官僚が政治を主導する「文治主義」を国是としていたが、当然「国軍」である禁軍に対しても、軍人の力を抑える組織造り、今でいう「文民統制」に基づく組織編制が行われている。

北宋の軍事大権は皇帝に属すが、その隷下にある禁軍の兵権は枢密院、三衙(三司)と帥臣に三分されていた。これは権限の集中を防ぎ相互牽制させて共同で皇帝に対して責任を負わせるためで、禁軍部隊が五代の頃のように軍閥化するのを防止した。

中央官庁である枢密院は禁軍の軍政(軍隊の管理運営に関する行政活動一般)と軍令(軍の作戦行動に関する業務)を管轄する中央官庁で、その長官(枢密使)と副長官(副使)は文官から任命された。奸臣・童貫はここの長官である。枢密院は現在でいう国防省にあたる役所だが、禁軍部隊を直接指揮する権限はなかった。

三衙とは殿前都指揮使司(略称・殿前司)、侍衛親軍馬軍都指揮使司(略称・侍衛馬軍司)、侍衛親軍歩軍都指揮使司(略称・侍衛歩軍司)の3つで、禁軍部隊を管轄する武官の機関である。殿前司は禁軍の中核とで首都防衛を担う精鋭部隊「殿前諸班」を、侍衛馬軍司は騎兵部隊を、侍衛歩軍司は歩兵部隊を統括した。劇中では奸臣・高俅は、禁軍の事実上の最高司令官「殿帥府太尉」として描かれているが、史実上の高俅は正確には殿前司の司令官である「殿前司都指揮使」に過ぎない(ちなみに「太尉」とは武官最高位の階級)。

そして最後の帥臣とは前線で直接部隊を指揮する各級指揮官の総称で、戦時に三衙に属さない文官が任命された。

このように北宋では軍隊においても文官優位が徹底されていたのである。そのため禁軍の兵士は全て衣食住を中央の政府から支給される職業軍人であったが「良鉄は釘にならず、良人は兵にならず」という言葉が表すように、林冲も楊志も、イメージと異なりその社会的ステータスは決して高くなかったのである。

一覧ページに戻る